ガイドヘルパーの仕事

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

ガイドヘルパーの仕事に何がありますか?

ガイドヘルパーの仕事ガイドヘルパーの仕事は、障害を持つ人が外出する手伝いです。
歩行・車椅子介助・代筆・代読・着衣の介助等。

病院や施設などの公的な場所だけでなく、
健常者と同じように、買い物や旅行など、社会活動が出来るよう、
サービスを提供します。

ガイドヘルパーになるには、
3種類の障害ごとに、資格を取らなければいけません。

3種類の障害には、
全身性障害
視覚障害
精神障害

の3つになります。

ガイドヘルパーについて説明1つ目の全身性障害課程の研修は、主に移動介助となりますが、
寝たきりや重度の方が対象となりますので、
介護福祉士や介護職員初任者研修の資格が必要となります。

2つ目・3つ目はどなたでも受講が出来ます。

2つ目の視覚障害者ガイドヘルパーは、
同行援護従業者という資格に移行されました。

視覚障碍者の方は白杖を持ち
片手でガイドヘルパーさんの腕をつかみ、歩行されます。

注意事項を伝えながら、色々な情報や周りの状況を説明します。
時には、代筆や代読をすることもあります。

3つ目は知的・精神障害の
行動援護や移動介護のガイドヘルプをします。

障害の度合いが重度なほど、
より細やかな介助が必要となります。

ガイドヘルパーの役割は、外出の際の介助です。

利用者の気持ちを尊重して、社会参加への希望実現のための、
お手伝いをいたしましょう。

ガイドヘルパーの資格を取得するなら
まずはスクール選びから始めましょう。

スクールの無料資料請求はこちら

↓ ↓ ↓


スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について