ガイドヘルパー 収入

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

ガイドヘルパーの収入はいくら?介護職員初任者研修よりもらえるの?

ドヤ顔で収入について説明する女性ガイドヘルパーと介護職員初任者研修の収入は、
ほぼ同じくらいと言われています。


施設や規模によって多少の誤差はありますが、
年収300万円くらいです。

超高齢社会となった我が国において、
介護職の人材不足・介護職離れの大きな問題が、
この低賃金であることは明確です。

国としても改善対策を提案していますが、
事業所の建設ラッシュで、バランスが狂っています。


ガイドヘルパーは3種類に分かれていますが、
全身性障害のヘルパーは難しいのですが、
専門性を持っているプロとして、一番高い収入となります。

ヘルパーの資格の条件として、
すでに介護の資格を持っていることが必須となります。


ですので、仕事のかけもち、
つまり、何軒かの事業所で仕事をもらい、
年収を上げていくことは可能なわけです。


介護者、多くは母親ですが、
障害者の方の外出や生活の介助は、、
1人では、
行動範囲が限られてしまいます。
ガイドヘルパーを付けると、
何処でも、安心して連れて行くことが可能になります。


収入が低い職業と決めつけるのではなく、
こちらからどんどん、ガイドヘルパーという職業を
アピールして、外出支援に関わっていきましょう

障害者や高齢者は、
家の中だけの狭い生活に終わらせないで、社会参加へ、
趣味や生きがいを発見する。

そんな豊かな福祉のお手伝いが出来る、
ガイドヘルパーの資格を取得してみませんか。


続いて、どんな人がガイドヘルパーに向いているのか?解説しました。

↓ ↓ ↓

続きはこちら


スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について