視覚障害者ガイドヘルパー養成研修

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

視覚障害者ガイドヘルパー養成研修ってどんなことを学ぶのですか?

視覚障害者ガイドヘルパーについて説明する女性障害者自立支援法が施行され、
移動支援従事者と呼ばれるガイドヘルパーの養成研修があります。

視覚障碍者移動介護従業者
全身性障害者移動介護従業者
知的障害者移動介護従業者

と利用者別に分けられ、外出の補助を行っています。

介護職員初任者研修課程修了者以上の資格があれば
知的障害者のガイドヘルパーは出来ますが、
全身障害者・視覚障碍者の場合の外出介助は、
資格を取得しなければなりません。

特別な知識と実務が必要なわけです。


それでは、視覚障害者ガイドヘルパー養成研修では、
どんなことを、学ぶのでしょうか。


ガイドヘルパー視覚障害者の移動介護について20時間勉強します。

講義ではホームヘルプサービスに関する知識を学び、
    次にガイドヘルパーの制度・業務
    障害者の福祉について
    障害・疾病の理解
    障害者の心理
    移動介護の基礎知識
などを学んでいきます。
心理を読み取り、理解してあげることが
大切ですが、一番難しい項目です。

次に演習を行います。
    移動介護の基本的な技術
    屋内での移動介護の方法
    屋外での移動介護の方法
アイマスクなどを用い、
実体験をし利用者の気持ちの、
いち早く読み取ってあげましょう。    
    
利用者の意向に沿ったガイドが出来るよう、
より高度な介護性を身に付けてみませんか。

さらに詳しいガイドヘルパー情報はこちら

スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について