視覚障害者ガイドヘルパーとは

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

視覚障害者ガイドヘルパーとは?他の資格との違いは?

視覚障害者ガイドヘルパーとは
目の不自由な方がお出かけする際のお手伝いをする介護資格です。


視覚障害者ガイドヘルパーについて解説する女性介護の資格には他に、介護職員初任者研修があり
就職や転職に有利なので、1年間に27万人もの方が取得しています。

だから、「介護職員初任者研修さえ取得していれば
視覚障害者ガイドヘルパーなんて必要ないんじゃないの?

と感じたかもしれませんね。

ですが、視覚障害者ガイドヘルパーの資格がないと
視覚障害のある方と一緒に外出することができない
のです。

つまり、他の資格を持っている方はやってはいけない独占業務が
視覚障害者ガイドヘルパーにはあります。

たとえば、弁護士は当事者に代わって裁判をしますが
弁護士以外の方が代わりに裁判したら、弁護士法違反で逮捕されてしまします。
これは、弁護士は独占業務として「裁判の代理人になれる」権利があるからです。

視覚障害者ガイドヘルパーも
視覚障害者と一緒に外出できるという独占業務があるので
就職・転職に有利といえますね。


あと、視覚障害者ガイドヘルパーには
・一般課程
・応用課程
の2種類があります。

一般課程の資格があれば、
視覚障害者の方と一緒に外に出ることができます。

応用課程まで取得すると、責任者の立場になれるだけ。


そういった意味では、視覚障害者ガイドヘルパーの一般課程を
取得することで、視覚障害者の方と外出に同行できるため
就職・転職に有利です。


詳しくはこちらから資料請求をして
あなたの疑問点を解決しましょう。

視覚障害者ガイドヘルパーはガイドヘルパーの一つです。

資料請求をする場合、下の画面の赤枠内のガイドヘルパーにチェックを入れたうえで
「資料送付先の入力画面へ」をクリック
してくださいね。

ガイドヘルパー資料請求画面



資料請求はこちらから無料でできますよ。

↓ ↓ ↓



スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について