知的障害者ガイドヘルパーの仕事

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

知的障害者ガイドヘルパーのお仕事ってどんなことをするのでしょう?

知的障害者ガイドヘルパーの仕事ってどんなことをするの?

知的障害者ガイドヘルパーさんガイドヘルパーは身体に障害のある方の、
外出を支援する仕事です。


今なおガイドヘルパーの名前で呼ばれていますが、 
2006年障害者自立支援法施行に伴い
「外出介護従業者」に名称が変更されています。



ガイドヘルパーには、
・全身障害者ガイドヘルパー
・視覚障害者ガイドヘルパー
・知的障害者ガイドヘルパー

とお世話をさせて頂く方によって、
別れています。

主な仕事は、視覚障害者や、車椅子利用者、
知的障害者が外出する際に、歩行や車いすの介助をします。


安全に注意しながら、地域社会で自立した生活をするために、
社会参加を支援させていただく、大切な仕事です。


知的障害者ガイドヘルパーは、
正式には知的障害者移動介護従事者と言います。
通院介助・通院等乗降介助・行動援護のサービス等を行います。

実際のところ仕事内容は特に決まっていません。
一緒に過ごして、希望されることを快くさせていただく、
また話を聞いたり、ご家族の負担を軽くしてあげる、
社会への橋渡しをしてあげる、色々な体験・経験をさせてあげる機会を作る。

仕事は計り知れない位、大変ですが
1社会人として生活して頂くお手伝い
というお仕事ですね。


そんなガイドヘルパーの資格をどうすれば取得できるのか?
こちらでわかりやすく解説しました。

↓ ↓ ↓

続きはこちら




スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について