知的障害者ガイドヘルパー 養成研修

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

知的障害者ガイドヘルパー養成研修の内容とは?

知的障害者ガイドヘルパーについて解説する女性ガイドヘルパーには目的に応じて
3種類の養成研修があります。

【視覚障害者同行援護従業者養成研修】
視覚障害を持つ方の外出の際、同行して、
情報提供・移動の援護・食事の
補助や援助をする資格です。

【全身性障害者ガイドヘルパー養成研修】
援護・介助する相手が、
先天性・後天性に身体に障害を持つ方となります。

【知的・精神障害者行動援護従業者養成研修】
知的障害・精神障害を持ち、
常時介護を必要とする方が対象です。
危険行動の回避・援護・介護を行う資格です。


3つそれぞれ養成研修を受けなければいけません。

受験資格は、
介護職員初任者(ホームヘルパー2級)、
介護福祉士等の資格を有する方です。

試験はなく、所定の研修を受けます。

最近では内容が充実した、
通信講座を利用している方も多いようです。

その内容は、実際にガイドヘルパーされている職員が、
支援・援護の実体験を話しながら、学習していきます。

演習教材は、実際の介護者(主に母親)
にご参加いただき、その場で、専門家と質疑応答しながら、
内容の濃い教材が作成されています。


どのコースもわずか3日間で取得することが出来ます。

だから、サラリーマンの方であっても
無理なく誰でも取得することができますよ。

この資格を取得すれば知的障害があっても、少しの支援や援護で、
買い物や外出を楽しめます。

重い障害を持っていても、正しい支援や援護や介助で、
ハイキングだって可能です。

知的障害をお持ちの方も、
外出や社会参加が出来る楽しさを伝える、、
ガイドヘルパーしてみませんか。

あと、知的障害者ガイドヘルパーの具体的な仕事内容については
こちらをご覧ください。

↓ ↓ ↓

知的障害者ガイドヘルパーの仕事内容は?



スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について