ガイドヘルパー ボランティア

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

ボランティアでガイドヘルパーをすることはできるの?

ボランティアでガイドヘルパーをすることってできますか?

ボランティアの資格保持者ガイドヘルパーをするためには、
ガイドヘルパーの資格がいります。

視覚障害者・知的障害者・重度身体障害者
を持つ方の、移動をする際に支援するための資格です。

この資格は、3日ほどの研修を受けると
簡単に取得できます。
しかしこの資格を取る条件に、
介護初任者研修(ヘルパー2級)か介護福祉士の
資格が必要です。

何も資格がなく、
ボランティアとなると、
ガイドヘルパーさんの補助的なことしかできません。

しかし、福祉センターなどが主催で、
ガイドヘルプ講習会を実施されています。
そして、ガイドヘルプのボランティアを
募集されている「市」もあるようです。

視覚障害者の話を聞いたり、ガイド法を学びます。

講義が終わると、実際アイマスクをして、
白杖を持ち、実体験をします。

もし町で困った人と出合ったら、
「お手伝いしましょうか」と声がかけられるように、

些細なことからボランティアとして、
ガイドヘルプに参加してみましょう。

視覚障害者のために、
音声ガイドのボランティア活動もあります。

例えば、映画の中のセリフや音以外の情景を、
言葉で伝えて説明します。


音声ガイドというそうですが、
このようなガイドのボランティア活動されている
福祉センターもあります。

障害者のある方と一緒に歩いてみませんか。
何か新しい発見があるかもしれません。


ガイドヘルパーの詳細はこちら

スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について