全身性ガイドヘルパーとは

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

全身性ガイドヘルパーってどんな資格?

全身性ガイドヘルパーとはどんな資格?

全身性ガイドヘルパーのお仕事高齢者や障害者も健常者と同じように、、
外出して、社会参加すしていただく権利があります。

しかし、
日本はまだまだ道路設備や建物、乗り物など、
バリアフリーが徹底されていません。
高齢者や障害者にとって問題点が多く、
不自由と感じるところがあります。

家族の介護だけでは、
外出は諦めている方がほとんどです。

そこでガイドヘルパーの出番です。

障害者総合支援法に基づく研修制度があります。
利用者によって3種類に、
分けられています。

知的、精神障害者の方の外出支援、
視覚障害者の方の外出支援、
全身性障害者の方の外出支援です。

全身性障害者ガイドヘルパーについて、
どんな資格か調べてみました。

全身性障害者の方は、
寝たきりの状態の方がほとんどです。

移動や外出となると、ストレッチャーを使用します。
点滴をされたままの状態の場合、
ご家族だけでの外出はとても心配です。

この資格は、介護職員初任者研修、
介護福祉士の資格を持っている方のみ、受講できます。

専門的知識と経験がないとダメということです。

仕事の内容は、
介護全般に外出支援がプラスされるわけです。

病院・旅行・美術館・・・外出先に制限はありません。、
外出に伴う衣類の脱着の介助
車椅子(ストレッチャー)の介助、
交通機関を使っての介助です。

ガイドヘルパーの存在を広く知っていただき、
外出する喜びを味わって頂きましょう。

もし、介護職員初任者研修の資格を持っていない方は
こちらを参考にしてください。

↓ ↓ ↓

介護職員初任者研修ってどんな資格?


スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について