介護福祉士 資格 取得方法

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

介護福祉士資格の取得方法|介護福祉士になるには

介護福祉士資格について説明する女性介護福祉士は国家資格。
介護職員実務者研修取得者が次に目指す資格です。

簡単に取得できる資格ではありません。
だからこそ、一生使える資格になるのです。

興味のある方は、まず資料を手に入れて
自分にあっているか?確かめるようにしましょう。

 


介護福祉士資格の取得方法はすごくわかりにくいです

なぜなら、年々取得方法が変わってきているから。

以前までの介護福祉士資格の取得方法は
・介護施設で3年以上の実務経験を経て国家試験に合格する方法
介護福祉士を養成する学校を卒業する方法(国家試験不要)

この2パターンありました。

で、大半は3年以上の実務経験を経て国家試験に合格するパターンだったんです。


でも、介護福祉士になる人が少なく介護施設では人手不足。
なんとかしたい一心で介護福祉士資格の取得方法が変更されました。

介護福祉士資格取得の変更点を説明する女性平成27年度から、すべての人に介護福祉士国家試験の受験が義務化されます。

つまり、養成校を卒業しても
国家試験を受験して合格しないと介護福祉士資格を取得できないということ。

あと、3年以上の実務経験のパターンでも
実務者研修を取得しないと国家試験を受験できなくなったんです。

↓ ↓ ↓

実務者研修の詳細はこちら


介護福祉士を増やしたいとのことで
取得方法を変更している割に
むしろ取得が困難になってきていると世間では言われています。

そのため、また再度取得方法が変更される可能性もあり得るのです。
だから、厚生労働省の最新情報は常にチェックするようにしましょう。

↓ ↓ ↓

厚生労働省の最新情報はこちらでチェック


あと、必ず国家試験を受験しないといけなくなりました。
したがって受験対策は必須。

対策は独学だと不安が残ります。

落ちたら1年間、時間を無駄に過ごすことになるからです。

そのため、必ず受験対策スクールに通うことをおすすめします。
まずは各スクールの資料を手に入れて
検討するようにしましょう。
無料の資料請求はこちら

↓ ↓ ↓

スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について