介護事務 取り方 資格

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

介護事務はどんな人に向いている資格なの?

介護事務について説明する女性介護事務は
介護福祉士や介護職員初任者研修とは真逆の位置にある資格です。

介護福祉士や介護職員初任者研修は実際に体を使って介護をしますが
介護事務は介護施設でパソコンを使ってお仕事をする資格だからです。

具体的に介護事務は介護をした方に対して
介護にかかった金額を計算し請求したり
介護に必要な物を発注したりするお仕事。

そういった意味では介護職員初任者研修とは勉強する内容が
まったく異なります。

介護事務はどんな人に向いているの?


体力に自信はないけど介護施設に勤務したい
介護事務はパソコンを使ったデスクワークが中心。
だから、定年まで不安なく働くことができます。


少しでも早く資格を取得したい

たとえば介護福祉士は3年以上の実務経験であったり
国家試験に合格したりと、取得までに時間もかかるし
試験自体も難しい資格です。

ですが、介護事務は難しい試験もありません。
また、最短1ヶ月で資格取得が可能。

早く介護施設に就職・転職したい方におすすめです。


家事や育児と両立させたい
介護事務はデスクワーク中心。
だから、深夜にお仕事をすることはありません。

だいたい、9時から17時までのお仕事なので
家事や育児との両立が可能。

これって介護福祉士や介護職員初任者研修では
考えられないことですね。


介護保険の制度について勉強したい方
別に介護施設に就職する気がなくても
家族に介護が必要な方がいるなら介護事務は役に立ちますよ。

どれくらいのお金がかかるのか?
介護事務を勉強すればわかるようになります。
また、どういう制度を利用すれば、よりお得なのか?もわかります。

たとえば、あなたが40歳以上でどこかで働いているなら
給与明細書をよく見てください。

「介護保険料」をお給料から引かれていませんか?

40歳以上の方は介護保険料を知らぬ間に支払っているのですが
介護事務を勉強すれば、介護保険についてすごく詳しくなりますよ。


ですから、勉強して損はありません。



介護事務の取り方は?

介護事務の資格の取り方は3つあります。

1.学校に通う

介護事務について説明する女性2一番確実に介護事務の資格を取得できます。
また、この資格を取得して就職しても、しなくても
活きた知識が身につくのが通学です。

勉強していてわからないところを
目の前にいる講師にすぐに質問し解決することができますから。

たとえば、「介護保険について詳しくなりたい」から
介護事務の勉強をしているなら、通学という方法も一つの選択肢です。


あと、介護事務は民間資格。
現在でも9つの団体が介護事務の資格を認定しています。

中には通学や通信教育で学んでいないと
試験を受験させてもらえないところもあります。


そういった意味でも学校に通う方法にはメリットが多いです。


ただ、欠点もあります。

欠点は授業料がかかることと、通学するので交通費がかかる。
あと、決められた時間に学校に行かないといけないため
お仕事をしている方は、時間を取りにくいことです。

そんな欠点を補うために、次の通信教育があるのです。


2.通信教育で勉強する

通信教育は定期的に郵送で教材や模擬試験問題が送られてきます。
通学のように決められた時間に学校に行く必要がありません。

ですから、お仕事をしながらでも問題なく介護事務の資格を取得できます。

あと、勉強していて分からない所に関しても
メールや電話で質問することができます。
だから、疑問点を残すことなく資格を取得することができますよ。

あと、通学のところでも書きましたが、
通信教育か通学で学んでいないと受験できない学校もあります。

そういった意味でも通信教育や通学はおすすめです。


3.誰からも教わらずに一人で勉強する

つまり、独学のこと。

独学は通学や通信教育のように学費がかかりません。
テキスト代だけが必要。

だから、一番低価格で介護事務の資格を取得できます。

ただ、介護事務の勉強って介護保険や介護報酬の計算があり
数学が苦手な方はほぼ確実に疑問点が出てきます。

そんなときに質問できる相手がいないのは最大の欠点です。
わからないところが複数あると挫折する原因にもなります。



最後に通学、通信教育、独学のどれを選ぶか?
どれにもメリットとデメリットがあります。

まずは資料を手に入れてゆっくり検討してから
決めるようにしましょう。

資料請求は無料ですし、2~3分あれば誰でも簡単に
申し込むことができますよ。

無料の資料請求はこちらから

↓ ↓ ↓






スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について