福祉住環境コーディネーター 1級 難易度

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

福祉住環境コーディネーター1級の難易度は介護福祉士試験より高い?

福祉住環境コーディネーター福祉住環境コーディネーター1級の難易度は
介護福祉士試験より高いの?

国家資格が難易度により、
ランク付けられています。

超難関「S]
難関「A]
普通「B」
やや易しい「C」
易しい「D」

S、A、B、C、Dの5ランクに
分けられています。

福祉住環境コーディネーター1級は、
難易度「A」の難関です。


2000人余りが受験し、合格者はわずか30人。
合格率は6%を切る、難しい資格です。

介護福祉士の資格は、
難易度「C」のやや易しいです。


受験者数の7割程度が受かるよう、
合格基準がその都度変わってきます。

なぜ、
「福祉住環境コーディネーター1級」
の資格取得の難易度がこのように高いのでしょうか。

理由の一つとして、問題形式が、記述式で、
設計図を作成する問題が出ます。

限られた時間内で、
住環境の提案書を作成します。

受験者も建築関係の方が多いようで、
介護職関係は、
福祉住環境コーディネーター2級あれば、
十分通用します。

建築分野の専門知識が必要です。
住環境整備の実務経験が無いと、合格は難しいようです。

また筆記テストの方も、
医療や福祉、建築の3分野に関しては、
現場経験を前提とした、
難易度の高い応用問題が出題されます。

いずれかの分野においても
専門的な知識・スキルを持って、
受験に臨んでください。

福祉住環境コーディネーター1級は介護福祉士試験より
難易度は、2ランク高くかなり取得困難な資格です。


スクールに関する無料の資料請求はこちらから

↓ ↓ ↓





スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について