福祉住環境コーディネーター 3級 問題

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

福祉住環境コーディネーター 3級はどんな問題が出題されるのか?

福祉住環境コーディネーターが活躍する舞台最近のマンションの見出しに、
「バリアフリー完備」と掲げられたチラシを良くみかけます。

高齢者や障害者の自律支援のための設備、
例えば、段差をなくし、スロープに、
手すりも、オシャレに付けてあったり。

必要とされるニーズは千差万別です。
より生活しやすい住宅環境を提案する仕事が、
福祉住環境コーディネーターです。


介護の現場で大いに役立つ資格です。

この資格には3・2・1級と段階があり、
7月と11月に2回実施されています。

福祉住環境コーディネーター3級はどんな問題が出るのでしょうか。

設問が10問あり四者択一んになっています。
問題の数は全部で70問あります。


選択肢が4つあり、マークシート方式です。

ただ問題によって、
適性のものと、不適正なものを選ぶものが混じっています。

3級試験問題設問項目として
  
・子どもが少なく高齢者が多い社会
・福祉住環境整備の重要性・必要性
・自宅で生活できるようにすることと介護サービス
・高齢者の健康と自立
・体の不自由な方でも生活しやすくする方法
・バリアフリーとユニバーサルデザインを考える
・生活を支えるさまざまな用具
・住まいの整備のための基本技術
・生活スタイル別に見る安全・安心・快適な住居
・生活のタイプが増えてきたことと住居について
・安心できる住生活
・安心して暮らせるまちづくり

3級公式テキスト(改訂3版)に該当する知識と、
それを理解した上での応用力を問われます。




無料の資料請求はこちらから

↓ ↓ ↓




さらに詳しく福祉住環境コーディネーターについて知りたい方は
こちらをご覧ください。

↓ ↓ ↓

福祉住環境コーディネーター試験の詳細情報はこちら

スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について