福祉用具専門相談員指定講習

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

福祉用具専門相談員指定講習は何をする講習なの?

福祉用具専門相談員について説明する女性介護保険法により平成18年から、
福祉用具貸与や福祉用具販売をする場合、
事業所は2名福祉用具専門相談員を、
必ず配置することが義務付けられています。

このように福祉事業所のスタッフや、
介護用品・福祉用品を扱う店舗のスタッフ
が受講されています。

試験はありません。
講義と実習を40時間受講します。1日8時間受講すれば、
5日間、1週間で、福祉用具相談員になることができます。

ただし、
介護福祉士や義肢装具士の資格がある人は、
講習を受けなくても、
福祉用具専門相談員と認められています。



講習では、福祉用具の選び方・使い方を、
アドバイス出来るよう学んでいきます。

福祉用具には沢山の種類があり、介護度に合わせて、
お一人、お一人合わせて、
選び方・安全な使用方法を説明、指導が出来るよう、
専門的に勉強していきます。


福祉用具専門相談員について説明する方福祉用具の展示や貸与、
またアドバイスなどを行っている施設
での実習のカリキュラムもあります。

老人保健福祉に対する基本的な事項⇒120分
介護と福祉用具に関する知識 ⇒1200分
関連する両機に対する知識  ⇒600分
福祉用具の使い方に関する実習 ⇒480分

5日間合計2400分を受けましょう。
福祉用具専門相談員指定講習で、
修了証明書がいただけます。

介護資格一覧ページに戻る


スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について