福祉用具専門相談員 給料

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

福祉用具専門相談員って給料はどれくらい?

福祉用具専門相談員って給料はいくらくらいもらえるの?

福祉用具専門相談員について説明する女性40歳男性
サラリーマン平均給与⇒550万円

医療職 医師    ⇒1800万円
    薬剤師   ⇒600万円
    福祉用具専門相談員⇒310万円
    
まさに格差社会です。


福祉や介護の世界は、
3k(臭い、汚い、危険)・労働のきつさ・夜勤・残業そして低賃金。

体制を何とかしないと、
若い年代層の、介護職離れが進み、
高齢者が高齢者を見る世界になりかねません。


福祉用具専門相談員は、
看護士や社会福祉士などの資格をもって入る人は、
できる仕事です。

本当に、儲かる仕事であれば、
その人たちが開業してやっているはずでしょう。

開業となると、
福祉用具専門相談員の資格をとって、
2年以上、福祉・医療・保険の経験をし、その後、
福祉用具プランナーの資格も取り、それから福祉用具販売店で経験を積んで、
独立開業となります。
 
でも、福祉用具は、  
医療関係・福祉関係の専門家が関わっています。
個人で、商売となると難しいことが多すぎます。

「福祉」「介護」の仕事は、
一般企業の「売り上げ」とは違います。

介護を受ける方にとってうれしいサービスをいかに提供したかで
結果が変わってくるわけです。
したがって、仕事をしさえすればOKというわけではありません。


どんどん業務を大きくするためだけにお金を使っている法人もあります。
自分の介護福祉の志に見合う、職場かどうかを
「判断する目」をもって職業を選択しましょう。

介護や福祉に関するお仕事は他にもあります。

どんな資格があるのか?こちらから確認してください。

↓ ↓ ↓

介護・福祉に関する資格一覧はこちら



スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について