福祉用具専門相談員 履歴書

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

福祉用具専門相談員は履歴書に書くと就職に有利に働くの?

福祉用具専門相談員について説明する男性「福祉用具専門相談員」は履歴書に書くと就職に有利になるの?

履歴書は、採用担当者に
「会ってみたい」
「うちの会社に採用したい」
と思われる、動機づけが必要です。

履歴書の中に、資格という項目があります。
職種によっては、不可欠なものです。

専業主婦でそろそろ社会復帰を考えている方、
完璧な履歴書を書き込むことが困難です。


嘘はいけませんが、自分で責任の取れる範囲で、
前向きなオーバーPRが必要です。

数十年のブランクを書類選考で受けてもらうためには、
熱意と努力が大切です。

資格取得となると、時間も費用もかなりかかります。

パソコンで自宅に居ながら取得できる資格があります。

福祉用具専門相談員」です。

高齢者や障害者に福祉用具のレンタルや販売や、
選び方のアドバイスをする専門職。

介護保険法上の福祉用具貸与の事業所には、
福祉用具専門相談員が2名以上必要です。

厚生労働大臣が指定した講習会が必須で
40時間の講義と実習を受けます。

介護全般に必要な職業です。

ネットで取得も可能ですからぜひ挑戦してみてください。

資格は履歴書に断然有利です。
可能な限り取得後、書き込みましょう。

余裕がある方は、
福祉住環境コーディネーターという資格の2級をとると
一層採用の可能性が高まると思います。

↓ ↓ ↓

福祉住環境コーディネーターについて興味がある方はこちら

スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について