介護福祉士 資格 条件

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

介護福祉士 資格を取得するための条件は?

介護福祉士について説明する女性国家資格である介護福祉士の受験資格の条件として、
実務経験3年が必要です。

高齢化が深刻な問題として取り上げられている昨今、
国の方でも、力を入れている資格の一つと言えます。

年々難易度が上がっています。

ですが、一度取得すれば、
就職の際も有利ですし、何より自信を持って、
仕事に臨むことが出来ます。

詳細な受験資格を確認していきましょう。

2016年1月、来年より改正があります。

介護福祉士実務経験3年以上に加えて、
「実務者研修の受講」が必要となります。


今から介護の資格を目指創としている方は、

まず介護職員初任者研修(最短い1か月)
からスタートです。

職務に就きながら実務者研修を取得します。

実務経験3年と実務者研修を取得し、
介護福祉士の受験資格ができます。

介護職員は資格があるかどうかで、
年収が違ってきます。

働く職場も広がっていきます。

試験は年1回です。
毎年1月最後の日曜日に筆記試験
  3月初めの日曜日に実技試験
  があります。

8月初旬~9月初旬1か月間、
申込み期間があります。

福祉系の高校を卒業された方、
専門学校等の養成施設を卒業された方は、
それぞれ、試験に免除項目がありますので、
確認してください。

受験資格をクリアーして、
介護福祉士の資格を取りましょう。

まずは敵を知ることから始めてください。
そのためには、介護福祉士の難易度を知ることからです。

難易度は合格率を知ることで何となくわかります。

↓ ↓ ↓

介護福祉士試験の合格率は何%?

スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について