介護事務 資格 必要

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

介護事務の資格は就職に必要?

介護事務の資格は就職に必要ですか?

介護事務について説明する女性介護保険制度が開始されたのが2000年、4月。
今年で15年目になります。

始まった頃と比べますと、
平均寿命は、
男性は77.7歳⇒80.21歳
女性は84.6歳⇒86.61歳
世界最長を維持し
超高齢化社会に突入しています。

保険も、税金だけでの制度では、まかなえなくなり、
介護単独の保険制度が作られました。

健康保険と一緒に介護保険も、
全ての国民が納めるようになりました。

医療保険は利用額は上限なしで、
利用者さんは病院で3割支払っています。

介護保険の場合は、利用額に上限があります。
介護度によって利用額も変わってきますが、
利用者は1割負担で、
残りの9割は国や地方自冶体が負担します。


このように、
医療事務と介護事務は、報酬請求をする仕事は同じですが、
算出方法が難しく、計算方法も、
「単位」と「点数」と、まったく違います。

多くの病院、事業所では、専用のソフトを使って、
窓口業務や診療報酬請求業務をされています。

介護事務の資格は国家資格ではなく、
認定資格になります。

介護事務の仕事を始めるのに、
必ず必要な資格ではありません。

ですが、介護の仕事に就く上で、
用語理解や、福祉への知識を持っていると、仕事にも早くなれますし、
自信を持って、仕事に臨めます。


介護事務の取得は、職場に早く慣れるためにも、
業務をスムーズに始めるためにも、、必要といえます。

試験は年6回、偶数月に行われています。

介護事務の資格を取得するなら
まずはスクール探しから始めましょう。

そのための資料はこちらから簡単に手に入れることができますよ。


無料の資料請求はこちらから

↓ ↓ ↓










スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について