介護事務 資格 難易度

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

介護事務の資格は介護職員初任者研修より難易度が高いの?

資格の難易度について説明する女性介護事務も介護職員初任者研修の資格は、
国家試験ではありません。

試験の目的は、学習内容を理解し
即現場で活用できるかということにあります。

介護職員初任者研修の学習内容が変わりました。
30時間かけて施設実習がなくなり、実技演習に変更になりました。

その結果、研修の難易度が下がり演習による覚えることが多くなりました。
最後に認定テストも増えましたが。


介護職員初任者研修は
講習体験の内容を把握していれば、100%合格できる内容です。


介護事務も医療一般の事務に比べますと、
保険対応の範囲は介護ということで、限られてきます。
覚える内容も、かなり狭い範囲となります。


ただ、どちらの資格もテキストの内容を覚えるという難易度ではなく、
介護対象者との接触・対面の仕事ですので、
コミュニケーション力や、思いやりや、気配り、内面的なことが出来る人材が必要とされています。

ソフト面における、難易度はかなり高く、
難しい職業であることを認識しておかねばなりません。

介護の仕事は、
これからますます需要が増えますから安定した仕事といえます。

介護職の入門である、
介護職員初任者研修や介護事務の資格の
難易度はかなり低く、取得しやすい資格と言えます。

介護事務資格の詳細はこちら

介護職員初任者研修ってどんな資格か?詳しくはこちら

スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について