介護職員初任者研修 実習 レポート

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

介護職員初任者研修で行う実習はどんなレポートを書けばいいの?

介護職員初任者研修のレポートを書く女性介護職員初任者研修で行う実習ってどんなレポートを書くの?

介護職員初任者になるには、
全130時間の研修を受講後、
修了試験を受けます。
3か月~1年かかります。

最近「最短」で取れる、
実務と通信講座を取り入れたカリキュラムが出来ました。

通信教育には
3回~4回くらいレポートを作成しないといけません。
そして、そのレポートをスクールに郵送します。

このレポート課題は、介護職員初任者研修になり、
新しく追加された筆記の修了試験に合格するための重要な練習です。
だから、毎回しっかりと取り組んでいきます。

またこのレポート提出を早くすれば、
より早く次の実技スクーリングを受講できるようになるのです。


15日間の実技スクーリングを1度も休まずに
しかも、連日開講しているスクールを利用すれば、
最短で1か月で資格取得できていまいます。

レポートは題目が発表され、
200字~400字でまとめ提出します。

例えば、
「介護サービス提供について
 (ノーマライゼーションの考え方を取り入れて)」
「チームケアーにおける介護職員としての心得」 
「介護における尊厳・自立支援について」

レポートは担当講師が採点し、
時間をかけて丁寧添削してくれます。
理解度の高い順に評価され
A(90点以上)・B(89~80点)・C(79~70点
D(69点以下)
D評価の場合は、レポートの再提出となり、
70点に達するまでは繰り返し提出をしなければいけません。


とはいえ、介護職員初任者研修は落とすものではなく
介護の現場で役立つ人材を育てるためのもの。

そういった意味では、再提出になることもほぼありません。
よほど、あなたがやる気のなさアピールをしなければ。

レポートを再提出させられたら嫌だから介護職員初任者研修をあきらめよう
では、今後ずっと後悔することになるかもしれません。

だから、介護職員初任者研修が自分にあった資格かどうか確かめるために
こちらの記事も参考にしてください。

↓ ↓ ↓

介護職員初任者研修の詳細はこちら

スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について