介護職員初任者研修 介護職員実務者研修

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

介護職員初任者研修と介護職員実務者研修の違いについて知りたい・・・

介護職員初任者研修と介護職員実務者研修に違いは?

介護職員初任者研修と介護職員実務者研修の違いを説明する女性介護の仕事に就くためには、
専門的な勉強をし、資格が必要です。

その第一歩が介護職員初任者研修と介護職員実務者研修です。
      
どちらも経験・学歴は入りません。
それではなぜ、2つ分かれているのでしょうか。
その理由を、違いから解説します。

まず介護職員初任者研修です。
カリキュラムは130時間あります。
つめて通学すれば、1か月で取得可能です。
医療的ケアーは出来ません。

最後に終了試験がありますが、
合格率は100%と、簡単な試験です。
即職場で働きたい人向きで介護職、初心者の方でもOKです。



介護職員実務者研修は、カリキュラムは450時間と
取得には時間が長くかかります。

たん吸引・経管栄養など1部可能な、
医療的ケアーも実地研修を受ければ出来るようになります。

修了後はサービス提供責任者の有資格者になれ、
就職の際にも有利で、給料の面でも優遇されます。


長く介護職に就き、さらに上の資格を考えている人は、
こちらの資格取得から始めることが賢明です。

勉強面・受講費用・期間といずれも大変ですが、
1つ良いことは、
修了試験が、実務者研修にはありません。

さてあなたは、どちらを選びますか?

詳しくはこちらをクリックしてください。

↓ ↓ ↓

介護職員初任者研修について詳しくはこちら

介護職員実務者研修について詳しくはこちら



スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について