介護予防運動指導員 受験資格

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

介護予防運動指導員の受験資格って?

介護予防運動指導員の受験資格として必要なこととは?

介護予防運動指導員に連れられる老人高齢者になると、筋力はどんどん落ちてきます。
骨密度も悪くなり、回復力も低下します。

日頃の何気ない運動を取り入れることにより、
事故防止にも繋がりますし、身体を動かすことにより、
気持ちも明るく、楽しくなります。

高齢者の方々が、要介護状態とならない為に、
介護予防運動が必要になります。

そこで、専門的な知識を持った指導員が必要なわけです。

この役割を担う資格が、
介護予防運動指導員」です。

この資格には、専門的な知識が必要。
直接医療や介護、高齢者と接する職業という制約があります。
有資格者の方のみ受講可能です。

医師・ 歯科医師・保健師・助産・看護師・准看護師・
臨床検査技師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・
介護予防運動指導員・社会福祉士・歯科衛生士・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・
柔道整復師・栄養士(管理栄養士を含む)
介護支援専門員・健康運動指導士等・介護職員基礎研修修了者・
訪問介護員2級以上で、実務経験2年以上の方が対象になります。


この資格は、国家資格・公的資格ではなく、
財団法人・協会が認定する民間資格です。

この資格を取得することにより、介護予防のエキスパートとなり、
個人のスキルアップに繋がります。

介護施設が増え、より質の良い指導を求めて、
高齢者や家族の方々が安心して預けることが出来る施設を求めて来られます。

「介護予防運動指導員」の資格は、
就職・転職の際にも、強みとなること間違いありません。


介護予防運動指導員の無料資料請求はこちら


スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について