介護予防運動指導員 過去問

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

介護予防運動指導員にはどんな問題がでるのか?過去問は存在しているのでしょうか?

介護予防運動指導員について説明する女性介護予防運動指導員の資格は、
東京都老人総合研究所による民間資格です。

介護されなくてもよい身体作りを推奨し、
プログラムにそって、高齢者筋力向上トレーニングなどを、
指導していきます。

介護予防運動指導員は、受講資格がいる資格です。

医師・看護師・ケアマネージャー・社会福祉士・介護福祉士・etc
この資格を単独で使うことはなく、施設や訪問介護、在宅介護支援事業所などにおいて、
運動機能向上のために、アドバイスをして行くうえで必要なため、
今持っている資格にプラスする資格です。

約30時間受講し、最終日に試験があります。
45問を1時間で解きます。落とすためのテストではなく、
基本的に資格を与えるためのものです。9割の人が受かります。

全部選択問題で、講座の中で出題問題のポイントを、
教えてくれます。

注意して講座を受ければ、合格点はとれます。

ただし、過去問は一切公開されていません。
傾向などは、過去問をすればつかめるのに・・・
すごく悔しいです。

間違ったところを重点的に、何度も見直しましょう。

過去主題された、前後のテキストの見直しが、
次回出題される問題となることが多いようです。

マーカーで記し、
試験対策をバッチリしてください。

介護予防運動指導員になるために、
まずは養成講座を受講しましょう。

養成講座についてわかりやすく説明しました。

↓ ↓ ↓

介護予防運動指導員養成講座とは?


スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について