社会福祉士 資格 仕事

介護資格一覧|お金と時間を損せずに介護資格をゲットしよう

MENU

社会福祉士資格を取得したらできる仕事とは?

社会福祉士資格を取得したらどんな仕事ができるの?

社会福祉士について説明する女性社会福祉士は、生活するにおいて困難であることを、
専門的な知識や技術を持って、相談に応じて、
解決の方向を見つける援助をする専門職です。

実際の仕事としては、
どんなものがあるのでしょう。

高齢者の生活支援
障害者(身体障害者・知的障害者・精神障害者)
の生活の向上や自立支援
問題を抱える児童(障害児・虐待・いじめ・不登校)
への支援などがあります。

就職先は、
障害者のための場所であったり児童福祉施設などで指導するスタッフ
社会福祉協議会の職員
行政の福祉機関
病院の医療ソーシャルワーカー
様々な職場で働くことが出来ます。

地域包括支援センターでは、
原則、社会福祉士の有資格者を、
1名以配置が義務づけられています。

また、刑務所でも、受刑者の社会復帰を支援するため、
社会福祉士をおき、体制を整える試みもされているようです。

最近では少年犯罪を多発しています。

社会福祉士の活躍の場は、
どんどん広がりつつあります。

しかし、社会福祉士資格がとれたらそれで目的達成
というものではありません。


相談を受けるスタッフ要員としての求人を見ると「新卒不可」
の資格要件の多さにビックリしてしまいます。


しかし社会福祉士は実務経験を積み、
知識、人脈、情報量、人生経験を積めば、
こんなやりがいのある職業はありません。

他にも情報収集能力、人間関係調整能力、
コミュニケーション力など、
多くの力を貯めてこそ、
仕事ができるようになります。
 
「資格は取ってからが勝負です」
常に学び続ける、
社会福祉士はそんな資格です。

(関連記事)
社会福祉士資格は通信教育で勉強しても取得できるの?

トップページに戻る


スポンサードリンク

介護資格一覧詳細

介護福祉士になるには?

ガイドヘルパー資格に関する情報

福祉用具専門相談員に関する詳細情報

介護事務

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護予防運動指導員

福祉住環境コーディネーター

社会福祉士について